ニキビ跡を治療する|肌の悩みを解決できる

自宅でやれる改善法

顔

とにかく洗顔

ニキビ跡に悩んでいる人も少なくはないのですが、これは自宅でも治療できる場合があるので、専門の治療施設に行って相談する前に、試しておくことをおすすめします。そもそも、どうしてもニキビ跡として肌に残ってしまうのかというと、原因はいろいろありますが、毛穴に菌が詰まって炎症しているということが考えられます。そこでやると良いのが洗顔です。ただ、闇雲に行ってしまうとニキビ跡の治療どころか、余計に症状が進行してしまうこともあるため、正しいやり方を覚えておきましょう。ポイントは毛穴を開くということなので、蒸しタオルを患部に当てて、十分に温めてやります。そしてすぐに泡立てた石けんを付けて洗ってやるときれいになるので、これを毎日続けるだけでニキビ跡が治療できます。

知っておきたいこと

とにかく肌を清潔にすれば良いのですが、だからと言って一日に何度も洗っておけば良いのかというと、決してそうではありません。むしろ皮脂を過剰に落としてしまうことで逆効果にもなるため、ほどほどにしておくのがコツですし、力を入れてゴシゴシ洗ってしまいがちですが、優しく撫でるようにやっていきましょう。ぬるま湯で始めて、仕上げに冷水を使えば、一度開いた毛穴が引き締まります。そして顔を洗い終えたら、そのまま放置してしまうと乾燥してしまい、これもニキビ跡には良くはないので、すぐに化粧水などでしっかりと保湿しておかなければなりません。すぐに結果は出ませんが、続けていくのが大切なので、根気良くやっていきましょう。